11月26日放送の『こんな私は何を食べればいいですか?』で、長嶋一茂さんが食べているというピロール米について紹介します。

長嶋一茂が紹介!ピロール米とは?

健康マニアの長嶋一茂さんが、食べていると言っていたピロール米。

日本には美味しいお米がたくさんあります。日本人なら毎日口にする食べ物ですよね。

毎日食べるお米から栄養が自然に取れたら嬉しいと思いませんか?そんなサプリメントのようなお米をご紹介。

通常米は酸性ですが、ピロール米は弱アルカリ性

ピロール米は栄養素がたくさん含まれています。

・高ミネラル ・高ビタミン ・高カルシウム ・高亜鉛、カルシウム、鉄

通常米と比べると

カルシウム 2倍  亜鉛 20%  鉄 45%

現代の人たちに最も、お勧めするお米です。

ピロール米はどうやって作られる?

ピロール米は、ピロール農法で作られています。

ピロール農法とは、ピロール資材を土壌にまいて、もともと住んでいるラン藻(微生物)を元気にさせることで

美味しい農作物などが出来るようになります。

ラン藻とは?

ラン藻は35億年前から地球上で酸素や有機物を作り出した微生物、ラン藻によって農薬の分解が飛躍的に速くなり農作物のミネラル分の吸収を高めるのです。さらに農薬やダイオキシン、残留農薬も分解してくます。とても大事な微生物なのです。

さらに、キレート化されたお米なので消化吸収が良いのです。

キレートとは、吸収されにくい養分をアミノ酸や有機酸によって吸収されやすい形に変え、反対に有害物質を無害化にするカニのはさみのような働きがあります。はさみで包み込むと言う意味です。

ピロール米の機能とは?何が期待できる?

ピロール米はお医者さんもおすすめするほどの栄養価の高い食べ物です。

ピロール米のミネラルが含まれた弱アルカリ性

ピロール米は弱アルカリ性であることは先ほど述べましたが、弱アルカリ性の食品は血液がサラサラになり、新陳代謝が良くなりダイエットや美容効果もあります。

ミネラルは人間の体から作りだすことができないのですが、ピロール米には通常のお米より15~25%も多く含まれています。

その他にも体を弱アルカリ性に保つことによってガンや循環器系、糖尿病などの予防にもなります。

ピロール米のビタミン、カルシウム

ピロール米にはビタミン12が含まれています。

本来ビタミン12は動物からしか取れないのですが、世界で初めてピロール米から検出さました。

ビタミン12が不足すると貧血やめまいなどの症状がでてきます。ビタミン12は神経機能を正常に保ち葉酸の働きを良くして妊婦の方には良いとされています。

カルシウムが不足すれば骨粗しょう症にもなりやすくなります。ピロール米でビタミン、カルシウムが補えるのです。

1年間ピロール米を食べて骨密度が劇的に改善されたと聞いたことがあります。

ピロール米の亜鉛、葉酸

葉酸や亜鉛は心臓病、貧血、ガンの予防になると言われている栄養素です。

また、多くの人が悩んでいるアレルギー改善にも必要な栄養素です。

アトピーは血液の低たんぱく、亜鉛不足、ビタミンA、B、Cが不足が一因と言われています。

通常米からピロール米に置き換え補うことで改善され軽減さるのです。アレルギー体質も改善されるので現代人にはもってこいです。(^^)我が子が小さい頃アトピーに悩まされていました。ウーロン茶風呂をしたり、病院を色々変えてみたり大変でした。25年前にこのお米があれば改善できたのかなぁと思います。

ピロール米の価格はどのくらい?

ピロール米はブランドによって価格はそれぞれ違いがあります。

5キロのピロール米でおおよそ 3500円~4000円前後で売られています。

ピロール米の通販とお取り寄せ

Yahooショッピング、楽天市場、Amazonで購入できます。

ピロール米の米粉もあります。クッキーや米粉パンなどお菓子としてピロール米が食べられます。

米屋 治郎兵衛 公式HP http://jirobeokayama.com/?pid=108998139

お米は粉にするとすぐ酸化がはじまりますので、新鮮なものを取り寄せたいですね。

まずは通常のお米から初めてはいかがでしょうか。

まとめ

美味しいお米はたくさんありますが、お米でこんなに栄養がぎっしり詰まったものがあるとはビックリです!

こんな素晴らしいお米は食べるしかないですね。

スポンサーリンク