10月10日のNHK『ガッテン!』で、紹介されたおいしいピーマン。福岡の『炉端百式』(ろばたひゃくしき)のパリパリピーマンが紹介されていました。

冷やしピーマンは福岡で人気の食べ方だそうですね。

そしてこのお店、予約がなかなかとれない人気店だそうですよ。

どんなお店か、紹介しますね。

指原の推しピーマン!炉端百式(ろばたひゃくしき)のパリパリピーマン

これがパリパリピーマンです。

スピードメニューとして人気なんですね。横に添えられているのは、肉味噌ですね。

こちらのお店、活気のある居酒屋の雰囲気で、接客もよくて人気のようです。

ネット上のクチコミやぐるなびなどで見ても、いろんなメニューがあるなか、高確率でピーマンが入っています。

こちらのピーマン、単なる「生ピーマン」なのですが、全く苦くなくて、果物のような甘さがあるそうですよ。

炉端百式(ろばたひゃくしき)

住所:福岡県福岡市中央区警固1-15-34 警固セントラルビル 1F

アクセス:福岡市営地下鉄「赤坂駅」より徒歩10分
西鉄「福岡駅」より徒歩10分
西鉄バス「警固1丁目」バス停下車
赤坂駅から527m

スポンサーリンク

営業時間 :17:00~翌1:00 (24:00ラストオーダー)

TEL:050-5872-2484

席はほぼカウンターになっており、オープンキッチンの開放的な雰囲気のお店。大阪や東京でも通は知ってる有名店だそう。

予約や電話確認をしてから行ったほうがいいですね。

ピーマンは冷やすとおいしい!

生のピーマンは冷やすと最高のおつまみになるんです。簡単なのでおうちでもできますよ。

作り方は簡単。ピーマンを冷やすだけなのですが、コツがあります。

 

・縦に切る

・種とワタを取り除く

・氷水に浸して半日以上冷蔵庫に入れる

 

これだけで、パリッとした歯ごたえのピーマンに仕上がるんです。

氷水にピーマンを浸して帰ってしまったモツ屋さんが偶然見つけた方法だそうです。

氷水につけると、水を吸収し、19%も重さが増えていくのです。

ピーマンは唐辛子の仲間。唐辛子が育つ環境は乾燥地帯。だから水を抱え込む性質があります。

2日間氷水に入れておくと、巨大細胞という細胞が水分を抱え込み、パリパリの食感になるんですね。

ピーマン好きにはたまらない食感になります。

黒コショウやマヨネーズ、先ほどの炉端百式のように肉味噌をつけて食べても絶品です。

塩昆布をトッピングしても美味です。

まとめ

パリパリピーマンは冷やしピーマンでした。

福岡で、単なるピーマンがここまで人気のおつまみになっているとはびっくりでした。

氷水で冷やすだけでここまでおいしくなるなら、家でもやってみたいですね。

スポンサーリンク