11月6日放送の『名医とつながる!たけしの家庭の医学』では、頻尿を改善する簡単な方法が紹介されました。頻尿の改善法に関する、 ある画期的な研究成果が発表されたそうです。香川のうどんが関係するその「薬に頼らない画期的な改善方法」をご紹介します。

たけしの家庭の医学で紹介!頻尿を改善する方法

頻尿が3割改善し、薬以上だったという方法が紹介されました。

独協医科大学病院の山西友典先生が教えてくれました。

暴行の神経を刺激する方法が行われており、膀胱の異常な収縮を抑えて尿意を正常にもどしてくれるそうです。

それは体のある部分を刺激するだけです。

うどん職人はトイレに行く回数が少ない

香川県に行って、検証したところ、うどん職人とデスクワークの人では明らかにうどん職人のほうがトイレに行く回数が少なかったです。

うどん職人が毎日行う、病院の治療と同じ行動とは、足踏みです。

スポンサーリンク

紹介されたうどん屋さん「やまうち」では、360食分を1500回以上踏んでいるそうです。

頻尿を改善する方法は青竹踏みで足裏刺激

膀胱の神経は足の裏にまでつながっています。

足踏みで足裏を刺激すると、信号が膀胱に伝わり、膀胱の興奮を抑える物質が分泌され、正常になるのだそう。

番組の検証では、青竹踏みで足裏刺激をするのを3日間試していました。

毎日朝晩、3分ずつです。

すると、毎晩夜間頻尿に悩まされていた男性が、検証最終日3日目には、夜に1度トイレに行っただけで朝の7時までぐっすり眠れたそうです。

青竹踏み効果がスゴイ改善効果をもたらしました。

青竹は100円均一ショップでも手に入りますし、すぐできそうですよね。

まとめ

薬いらずで改善できるし、簡単なのがいいですね。

これで夜間頻尿も改善し、夜もぐっすり眠れるといいですね。

スポンサーリンク