11月7日(水)放送の『梅沢富美男のズバッと聞きます』で視力回復のためのスプーン療法が紹介されました。やり方をご紹介します。スプーン1本で目が1分で良くなる方法だそうです。

梅沢富美男のズバッと聞きますで紹介!視力改善するスプーン療法

梅沢富美男のズバッと聞きます!で、視力回復整体日本リバースの今野清志(こんのせいし)先生が教えてくれたのは、スプーン1本で目がよくなる」と話題の視力改善法でした。

番組では大桃美代子さんが実践されていましたね。

1週間続けてみたところ、驚きの結果が出たとのことでした。

なんと視力が、0.04だったのが0.1にまで回復!

スプーンで目の周りをケアしてあげるだけで、こんなに良くなるなら、やらない手はありませんね。

スプーン療法・エクササイズのやり方

スプーンを使った「今野式スプーン療法」のやり方です。

まずは、カレースプーンくらいの大きさで、柄の先端に丸みのあるスプーンを用意しましょう。

金属アレルギーが気になる人は、チタンやステンレス製のスプーンを使うことをおすすめします。

スプーンを温める

熱めのお湯を注いだコップの中にスプーンを2~3秒間入れます。

スプーンを取りだし、清潔なティッシュペーパーで水分をふき取ります。

スプーンの温度が40~45度になるよう、 手の平で触って「ちょっと熱い」と感じるくらいに調節します。

熱すぎるとやけどするので、温め過ぎたら適温まで冷ましてください。腕にトントンと当てて、少し熱いと感じる程度まで冷まします。

温めたスプーンでマッサージをする

温めたスプーンを使ってマッサージをします。(もしマッサージ中に温度が下がったら、温め直してやるほうが効果的です)

使う部分はスプーン底のカーブ面。

中心部分ではなく、やや外側を使うようにします。

スポンサーリンク

・タッピング法(たたく)

スプーンの裏側で眉毛を叩きます。眉間からこめかみに少しずつずらしながら、1か所10回叩く×5回繰り返します。

さらに目の下1㎝下のラインを同じようにタッピングします。

・さすり法(ストローク)

眉頭の下にある骨にスプーンを当てて、眉の骨沿いにこめかみへ向かってなでるようにさすります。

同じく、スプーンでさする箇所を5ミリ上げて眉に沿ってさすります。

さらに5ミリメートル上げて眉の上を、こめかみに向かってなでるようにさすります。

反対側もさすります。

終わったら今度は目頭の下にある骨にスプーンを当て、さらに、スプーンの通るラインを約5ミリメートル下げていき、3段階に分けて5回ずつさすります。

これも反対側を同様に行います。

・シェイク法(揺する)

目の周りの皮膚と筋肉・血管をスプーンによる摩擦で刺激します。

眉・目の周りをスプーンで上下に揺らしていきます。

指で眉を上下にゆすってもOK。

・プッシュ法(押す)

こめかみを柄の先端部で3秒間プッシュして静止します。目の周りのツボを押していきます。(これは番組では紹介されませんでした。書籍で確認してください)

冷やしたスプーンでマッサージする

ここからも書籍の内容です。

温めたスプーンのマッサージが終わったら、次はスプーンを氷水に入れて冷やし、同じようにマッサージします。

冷たい刺激を与えると、今度は拡張した血管が収縮します。

同じように行ったあと、できれば最後にもう一度温スプーンで刺激を行って終了すると完璧です。

目のまわりを温めたり冷やしたりすることで、自律神経や血流を改善していくんですね。

目の周りはデリケートですのでスプーンの扱いには十分に気をつけてください。

その他、腕や脚などへの応用方法もあります。興味が出てきたら、詳しい書籍が出ているので見てみると良いと思います。

視力アップや眼病改善の事例も掲載されていますよ。

目はスプーン1本でよくなる! (5万人が改善! 眼科医も勧める決定版)

目はスプーン1本でよくなる! (5万人が改善! 眼科医も勧める決定版)

今野 清志
1,404円(11/14 13:45時点)
発売日: 2014/10/15
Amazonの情報を掲載しています

まとめ

スプーンで視力が良くなるなるなら、お金もかからないですし、こんなに良いことはありませんね。

疲れ目にホットタオルを乗せたり、クールジェルを乗っけて冷やすことがありますが、それをもっとピンポイントで行って、マッサージで血流を良くしていく感じですね。

スプーンなら家にあることが多いので、すぐできそうですね。

一緒に紹介された視力回復のためのペットボトル呼吸法はこちら

スポンサーリンク