韓国のアイドルグループBTS「防弾少年団」のメンバージミンが着ていたTシャツ原爆Tシャツが問題になっています。このTシャツのデザイナーイ・グアンジェさんについてと、原爆Tシャツの意味についてまとめます。

イ・グァンジェ氏の経歴。いったいどんな人?

名前:イ・グァンジェ(李光宰)
이광재
Lee Kwang-jae
会社:LJカンパニー

今回BTS(防弾少年団)のジミンが着用していた原爆写真がプリントされたTシャツは、こちらのイ・グァンジェ氏のブランドから出ているものです。

自民がフランスと韓国の文化交流行事で、原爆Tシャツを着ていたことから、今話題です。

ショップはOURHISTORYというお店です。

http://ourhistory.co.kr/index.html

お店は韓国のソウルにあるようですね。

原爆Tシャツのデザインと意味は?

 

View this post on Instagram

 

ourhistoryさん(@ourhistory_official)がシェアした投稿

ブランドを開始した当時、ストリートファッションが流行しており、イ・グァンジェ氏は韓国の歴史に関心が高かったそうです。

スポンサーリンク

しかし、韓国の若者は全般的に歴史に興味が低いと感じ、ファッションに取り入れることで、韓国の歴史に関心を持つだろうという考えだったそうです。

原爆Tシャツの意味は

イ・グァンジェ氏が言うには、原爆の写真を使用しているけれど、「反日感情と日本に対する報復などの意図があるわけではなかった」と言っています。

また、原爆が投下され、日本が無条件降伏したために、韓国は解放されたという歴史の順序を表現するものだったとも述べているとのことです。

ニュースで報じられている情報は以上です。

とにかく反日感情はないということを述べており、誤解を生んだことを謝罪されています。

11月9日にテレビ番組ミュージックステーションに出演する予定だったBTS(防弾少年団)とそのARMY(BTSファン)に対しての謝罪でした。

このTシャツのため、ミュージックステーションへの出演が中止になってしまったことを受けてのことでした。

この後、BTS(防弾少年団)はドームツアーも控えておりそちらにも影響が出ることが予想されていますが、そちらは今のところ中止の情報は出ていないですが、今後どうなるかが心配されています。

ネット上の反応

ひとまず、イ・グァンジェ氏は、BTS(防弾少年団)にたいして申し訳ないということ、そして日本に対して悪い意図があったわけではないことを伝えています。

BTSのファンはこれからのライブがどうなるかなど、気が気ではありませんね。

まとめ

韓国のデザイナーさんなので、日本語での情報がなかなか見つからない状況でした。

今後の動向が心配されます。

 

 

スポンサーリンク