スターバックスの流行をきっかけに、今では街中に多くのカフェがありますよね。

友達とのおしゃべりや休憩、仕事や勉強にと様々な形で利用されています。

カフェメニューの中でも有名なのはラテ(カフェラテ)とカプチーノで、どちらもミルクとエスプレッソを使った飲み物ですが、この違いって何でしょうか?

今回はラテ(カフェラテ)とカプチーノの違いを調べましたので、注文の時や自分で作るときにお役立てください。

それでは説明します。

ラテ(カフェラテ)とカプチーノの違いは使うミルクにあった!

一般的なラテ(カフェラテ)とカプチーノの違いを簡潔に説明すると、以下のようになります。

  • ラテ(カフェラテ)はエスプレッソにスチームミルクを入れたもの
  • カプチーノはエスプレッソにスチームミルクとフォームミルクを入れたもの

どちらもエスプレッソコーヒーにミルクを使うところは共通していますが、ラテ(カフェラテ)は蒸気で温めたスチームミルクを使うのに対し、カプチーノはスチームミルクに加え泡立てたフォームミルクを使います。

またコーヒーとミルクの割合にも違いがあります。

それではラテ(カフェラテ)とカプチーノについてそれぞれをもう少し詳しく説明します。

ラテ(カフェラテ)とは

カフェラテはイタリア語でカフェ=コーヒー、ラテ=ミルクで「牛乳入りコーヒー」という意味です。

牛乳入りコーヒーというとカフェオレを連想する人も多いと思いますが、これはフランス語でになっただけで言葉の意味そのものは同じです。

しかし一般的にカフェオレはドリップコーヒーと牛乳を5:5で入れたものなのに対し、イタリアではエスプレッソにスチームミルクが2:8で入ったものを指します。

スチームミルクは牛乳に蒸気を入れて温めたもので気泡が入る分クリーミーになり、混ざるのも普通の牛乳より時間がかかるのが特徴です。

カフェラテは英語の発音で本来はカフェ・ラッテなのですが、アメリカのカフェチェーンとともにカフェラテという呼び名が日本に定着しました。

カプチーノとは

スポンサーリンク

カプチーノもカフェラテと同じく発祥はイタリアで、元々はキリスト教の宗派の一つであるカプチン会の修道士を指す言葉です。

カプチーノの大きな特徴がスチームミルクを更に泡立てたフォームミルクを使うことで、これによりミルクの層は盛り上がり、くっきりコーヒーと分かれます。

このエスプレッソにフォームミルクが乗った姿が頭に頭巾(カプッチョ)を被るカプチン会を連想させ、カプチーノと名付けられたそうです。

基本はエスプレッソとスチームミルク、フォームミルクが1:1:1の割合とされ、カフェラテよりもエスプレッソが多い分風味も強く、同時にミルクの泡を楽しめるのが特徴です。

ラテ(カフェラテ)やカプチーノとカフェモカ、カフェマキアート、ラテマキアートとの違いは?

カフェラテやカプチーノに近い飲み物にはカフェモカやカフェマキアート、ラテマキアートもありますよね。

この違いは以下の通りです。

  • カフェモカはエスプレッソにスキムミルクとチョコレートシロップを入れたもの
  • カフェマキアートはエスプレッソに少量のフォームミルクを入れたもの
  • ラテマキアートはスチームミルクとフォームミルクの上に少量のエスプレッソを入れたもの

やはりどれもエスプレッソを使っていますが、カフェモカはスキムミルクとチョコレートシロップが入ります。

カフェマキアートやラテマキアートは使うものはほぼ同じですが分量が異なり、エスプレッソに少量のフォームミルクを入れるか、ミルクに少量のエスプレッソを入れるかが違いです。

マキアートは「染み」という意味なので後から入れる方の分量は本来わずかですが、厳密に定められているわけではないのでお店によっては1:1など分量の多いものもあります。

おわりに・まとめ

いかがでしたか?

カフェラテやカプチーノはどれもエスプレッソを使う飲み物ですが、使うミルクやその割合に差があります。

一見わずかな差ですが、分量が違うだけでもその口当たりや風味は大きく変わります。

この違いを理解して、自分だけのお気に入りコーヒーを見つけてくださいね。

話のネタ以外にも、もしコーヒー好きな人がいたらシェアして教えてあげましょう。

スポンサーリンク