祖父母や、あるいは両親の古希祝いをどうするか悩んでいる人は多いと思います。

せっかくだから喜んでもらえるプレゼントを用意したいですよね!

プレゼントじゃなくても思い出に残るようなお祝いのイベントを企画するのもいいです。

「これからも長生きしてほしい」という願いも込めて、喜んでもらえる古希祝いの仕方を紹介したいと思います!

古希祝いに何をすればいいのか悩んでいる人は是非参考にしてください。

古希とは?古希のお祝いは何するをするのが伝統?

古希とは数え年で70歳に長寿のお祝いをすることです。

しかし、最近では満年齢の70歳で古希祝いをすることも増えているようです。

元々は中国から始まった風習ですが、日本にも伝わり、こうやって大切な人の長寿を祝うということは素敵なことですよね。

現在は70歳で長寿というのは違和感があるかもしれませんが、昔では70歳を迎えられるというのは素晴らしいことだったのです。

お祝いの仕方にも昔とは変化があり、昔は古希を迎える本人がお祝いを主催したのですが、今は家族や親族が主催しお祝いをすることが主流になっています。

お祝いをする日にちは特に決まりはありません。

なので、もちろん70歳を迎える誕生日でもいいと思いますし、誕生日にこだわらなくても家族みんなが集まりやすい日でもいいです。

敬老の日に合わせてお祝いをすることも多いです。

古希祝いの色

古希祝いの伝統は、テーマカラーが紫色ということ。

この紫色は気品・高貴の色の意味があり、長寿の始まりである70歳を祝う意味が込められています。

プレゼントを贈るならこの紫色のものを選ぶと古希祝いらしくていいですね。

お花を贈る際は、濃い紫の花は縁起が良いとも言われているのでお花を贈るのもオススメです。

その他にも、鶴と亀は縁起のいい動物と言われているので、紫カラーで鶴亀甲柄のちゃんちゃんこなどを贈る人が昔から多いです。

絶対に紫色にこだわらないといけないということではありませんが、死をイメージさせるような白や黒のものを贈るのはやめましょう。

やはり紫というカラーが古希祝いにふさわしいですが、紺色も古希の色として親しまれています。

紫が派手すぎる、好きではない、という場合は、紺色のものを何かプレゼントしてもいいでしょう。

古希のお祝いのアイデアは?プレゼントをするとしたらどんなものがいい?

プレゼントをするのは、ちゃんちゃんこなどの伝統的な贈り物もありますが、本人に喜んでもらえるものが1番嬉しいですよね。

古希のお祝いできっと喜んでもらえるプレゼントをいくつか紹介したいと思います!

お酒

 

もし古希を迎える方がお酒好きなら、きっと喜んでもらえるに違いないプレゼントです。

名入れやメッセージを入れることができるものも通販で販売されているので特別なお祝いのお酒として贈るのもおススメです!

湯呑みや茶碗

毎日使うであろう湯呑みや茶碗も嬉しいですよね。

 

湯呑みや茶碗にメッセージなどを書き込むこともできますので、そういったものはより一層気持ちが伝わる気がします。

似顔絵

最近は似顔絵も人気です!

 

似顔絵はご本人の写真を送ればネットでも注文可能です。

紫色のちゃんちゃんこの衣装で描いてもらうことも可能ですよ!

普段似顔絵を描いてもらう機会ってそんなにないですから、特別な思い出になりそうですね!

家族からのメッセージも付け加えるとなお良いと思います。

プリザーブドフラワー

女性に贈る場合は、プリザーブドフラワーが喜ばれます。

 

プリザーブドフラワーは、枯れないお花です。

枯れないよう加工されてあるので、手入れなしに長期保存できます。

美しいお花の状態でプレゼントでき、そのまま保管できるところが嬉しいポイントですね。

帽子

普段からよく帽子を被っているなら帽子を選ぶといいと思います。

好きそうなデザインをよくリサーチしておいて選ぶと、小物やアクセサリーもずっと長い間使えるのでおススメです。

ストール

女性には紫色のストールを贈るのもおしゃれ。折りたたんでひざ掛けにもできますし、気軽に羽織ることで華やいだ雰囲気を出すことができます。いつまでもおしゃれに!

古希のお祝いで家族イベントをするならどんなことをする?

プレゼントも素敵ですが、家族みんな集まれるのなら特別なことも企画したいですね。

個人的ではなく、家族のイベントとしてオススメなお祝いの仕方も紹介します!

食事会

みんな集まれるのなら食事会を開くのもいいです!定番ですね。

家での食事会なら、みんなで準備するのも楽しいですよね。

せっかくだから外食というのもアリです!普段行かないような料亭などがいいと思います。

もちろん本人が好きなメニューがあるところを選んでください。

個室があれば気兼ねなく楽しめるので更にいいですね!

旅行

みんなの都合が合うのなら、1泊でも温泉旅行に出かけるのはどうでしょうか?

旅行は日常的に行けるものでもないですし、家族みんなで行けるのはとても嬉しい事です。

ステキな思い出になることは間違いありません。

温泉で日頃の疲れを癒してもらうのもオススメです。

もし皆の都合が合わず一泊できなかったとしても、紅葉を観に行ったり、どこか日帰りでお出かけするのもいいですね。

旅行やお出かけをした際は、記念に家族写真も絶対撮っておきたいですね。

おわりに・まとめ

プレゼントにしても、家族でお祝いすることも、どちらもとても喜ばれると思います。

今では70歳は長寿と呼ばないかもしれませんが、昔だと「めったにないほどの長生き」と言われていたようです。

最近の70歳は元気な方が多いので、元気なうちに旅行などに出かけて家族の思い出を作るのも素敵です!

「これからも元気で長生きしてね。」という気持ちが伝わるお祝いができるといいですね。

スポンサーリンク