11月4日の『行列のできる法律相談所』で、藤井サチさんが京都の世界遺産に登録されているお寺、仁和寺に宿泊。御室会館(おむろかいかん)という宿坊に泊まり、国宝・金堂でのおつとめを体験されていました。普段は入れない金堂に入る方法や、宿泊方法や料金、予約の方法など、詳しく紹介しますね。

仁和寺御室会館 行列のできる法律相談所で紹介

仁和寺は、真言宗御室派の総本山。

そして、仁和寺(にんなじ)の御室会館(おむろかいかん)は宿坊です。

宿坊とは、参詣者(さんけいしゃ)=お参りに来た人が泊まる、宿舎のことです。

ここに宿泊すると、普段は入ることができない、国宝の金堂に入ることができ、朝のおつとめに参加できます。

「おつとめ」とは、お寺で行われる法要のことです。早朝、お寺の住職やお坊さんたちによって、仏壇の前でお経が唱えられることを言います。

金堂は非公開文化財なんですね。

普段は宿泊した人だけがその中に入れるんです。その他は特別拝観と言って期間限定の公開があるときだけです。

特別なのですね。

金堂の中には、仁和寺のご本尊である「阿弥陀三尊像」が安置されています。

中央に「阿弥陀如来」、その左に「観音菩薩」、右に「勢至菩薩」が配置されています。

こうした配置の仕方は他のお寺でもあるのですが、仁和寺のものは阿弥陀如来が座っており、観音菩薩と勢至菩薩が立像というスタイルなんですね。

朝からロウソクだけの明かりの中、読経に耳を傾けながら祈りを捧げる時間は非日常。

開始時間は、

春時間:4/1 〜 9/30 6時から
冬時間:10/1 〜 3/31 6時30分から

になっています。

境内には、観光客もいない時間帯ですから、静かな時間が流れていきます。

お勤めの後は、お坊さんによるありがたい法話もあります。

仁和寺の御室会館の宿泊料金と予約は?

宿泊料金はこちら。

スポンサーリンク
宿泊プラン 大人 中学生以上 子供 小学生
1泊2食付 11,000円 8,900円
1泊朝食付 7,200円 6,600円
1泊素泊まり 6,200円 5,600円

こう言ってはなんですが・・・。京都に旅行に来て宿泊するのであれば、割とリーズナブルなのではないでしょうか。

プラス早朝のおつとめまで体験できるとしたら、価値がありますよね。

気になる宿泊施設の中ですが、

各客室に、浴衣、フェイスタオル、歯磨きセット、リンスインシャンプーが用意されていますし、ドライヤーも借りることができます。
トイレ、お風呂は共同で、浴室にはボディーソープも用意されていますが、バスタオルはありません。

全室にテレビ、エアコン、金庫を完備。Wi-Fiはありません。

宿坊はホテルや旅館ではないのですが、普通に快適に宿泊ができる設備が整っていますね。お寺らしく掃除も行き届いているようです。

駐車場も完備されていますし、宗派も関係なく宿泊やお参りができます。

仁和寺御室会館の予約の取り方

予約は、仁和寺の公式サイトからできます。

仁和寺公式:http://www.ninnaji.jp/syukubou/index.html

また、じゃらんでも予約ができます。

藤井サチさんが号泣した理由

仁和寺の朝のお勤めに出た藤井サチさん、涙してしまったそうですね。

その理由は何だったのでしょうか。

荘厳な雰囲気に心洗われたのか・・・。

「自分を見つめられました」と言ってました。

確かに、お勤めで自分と向き合う時間を持つものイイものですね。

まとめ

仁和寺の御室会館。体験価値が高い一泊ができそうですね。

スポンサーリンク