10月29日放送の『名医のTHE 太鼓判』では血管若返りの食材として玉ねぎが紹介されました。天日干しすると増える成分や、正しい食べ方など、まとめてご紹介しますね。前回放送で余命宣告されたクロちゃんもでてましたよ。

名医のTHE太鼓判で紹介 玉ねぎで血管若返り!

年を取るにつれて、血管はしなやかさを失って、硬くなっていきます。

この血管のしなやかさを図る指標が、「血管年齢」です。

この血管年齢を若返らせることで、「血管事故」といわれる50代から増える病気(心筋梗塞や脳卒中)を予防することが出来ます。

番組では、血管年齢対策をしている方は、年齢82歳の方でも血管年齢は63歳。

前回の余命宣告スペシャルで、脳動脈瘤を指摘されて血管系には不安がある、安田大サーカスのクロちゃんも、血管年齢の若返りを果たしました。53歳から35歳へと若返り!

玉ねぎを一日200g、2週間で血管若返りを果たしました。

この後に記載しますが、4日間皮をむいて干した玉ねぎを使いますよ。

玉ねぎの血管若返り成分

玉ねぎは香り成分のアリシン(硫化アリル)は血液をサラサラにして、動脈硬化や脳血栓などを予防してくれます。

動脈硬化に対する改善効果は研究結果も出ています。

徳島大学・寺尾先生の研究によれば、ケルセチンが大動脈の壁にコレステロールが蓄積するのを抑える働きがあるとのこと。

また、たまねぎの皮に多く含まれる色素、ポリフェノールの一つであるケルセチンは、強力な抗酸化作用があるフラボノイドです。

酸化ストレスを和らげてくれるので、悪玉コレステロールの酸化を防止して、血液をサラサラにしてくれます。

ケルセチンの摂取量が多くなるほど、血中総コレステロール、LDLコレステロールが低くなるという日本人女性の研究結果も出ています。

ケルセチンを摂取することで、軽い高血圧が改善されるという報告もあります。

玉ねぎのケルセチンはすごいですね!

玉ねぎは天日干しでケルセチンが増加!

玉ねぎは保存方法により、血管若返り成分を増やすことが出来ます。

実は、玉ねぎを天日干しで1週間保存すると、ケルセチンの含有量が3.5倍に増えることがわかっています。

方法は、

・タマネギの皮をむいて、天日干しする

玉ねぎの細胞は、日に当てると簡単に日焼けしてしまいます、それを防ぐためにケルセチンが増えるのです。

ケルセチンはタマネギにとっての日焼け止めの成分なのですね。

ケルセチンが増えたたまねぎは、葉緑素が増えるので、緑色になってきます。

スポンサーリンク

ケルセチンは葉緑素と一緒に増えるので、緑色が増えれば、ケルセチンも増えているといえます。

干しすぎると逆に硬くなっておいしくなくなってしまうので、1週間程度がベストでしょう。

玉ねぎの皮を利用する方法も

ケルセチンは腸内の脂肪と結びついて脂肪を固めて排泄する働きもあります。

漢方では、タマネギの薄皮を3カップの水で半量になるまで煎じ、1日3回に分けて空腹時に飲むことで血圧対策する方法があります。たまねぎの皮茶ですね。

玉ねぎ(100g)中、ケルセチンは、玉ねぎの皮に800mg、中身に40mgのケルセチンが含まれており、圧倒的に皮の部分に多いのです。

玉ねぎの効果的な食べ合わせやレシピは?

玉ねぎは、加熱するとアリシンという血液サラサラ成分が変わってしまうので、サラサラ効果を期待するなら、生食がおすすめです。

ケルセチンを摂取するなら、先ほどの天日干しした玉ねぎを食べる方法がいいです。

玉ねぎスープ

玉ねぎの皮は、お茶にして飲む方法ですと苦みを感じて抵抗が出る場合があるので、ほかの方法としては、ミキサーにかけてスープにまぜて食べるのもおすすめです。

玉ねぎと玉ねぎの皮をミキサーで粉末にしたものを入れて弱火で5分ほど煮て、その後、コンソメを入れてよく混ぜるだけで出来上がりです。

酢と玉ねぎで血管を若返り!

酢と玉ねぎの組み合わせは血管若返りによいです。

お酢の血管拡張作用と玉ねぎのサラサラ効果の相乗効果ですね。

玉ねぎスライスの作り方

作り方
1、玉ねぎを繊維に直角にスライスする。

2、ラップをせず30分そのまま冷蔵庫で寝かせる。

玉ねぎのたれレシピ

玉ねぎ
三杯酢
麺つゆ

1、玉ねぎをみじん切りにする。

2、麺つゆ、三杯酢を加えて混ぜ合わせる。

このたれは万能ですね!すぐ作れておいしいレシピです。

 

ケルセチンをもっと摂取したい、料理が大変だと感じる方は、タマネギの皮のパウダーを利用するのも方法です。

まとめ

玉ねぎの血管若返り成分と、成分の増やし方、食べ方のご紹介でした。

テレビ番組で、こうして血管年齢という数値で見せてくれるとわかりやすいですね。

食生活で、若々しい血管を維持していきましょう。

玉ねぎ効果はいろんな番組で取り上げられてます!こちらにも血管若返り情報がありますよ!

一緒に取り上げられたオリーブオイルについてはこちら

スポンサーリンク