10月29日放送の『名医のTHE太鼓判』では血管若返りの食材としてオリーブオイルが紹介されました。悪玉コレステロールをやっつけるオリーブオイルの効果や食べ方、使い方など、まとめてご紹介しますね。前回放送で余命宣告されたクロちゃんもでてましたよ。

名医のTHE太鼓判で紹介!オリーブオイルで血管若返り

年齢を重ねていくことや、生活習慣病などにより、動脈硬化が起切ることがありますね。血管の内側の壁にこぶが出来てに厚くふくらんだプラークができると、心臓や脳の血管が詰まる、破れるといった事態になり、危険です。

医師の守口先生と、池谷先生が教えてくれました。

血管がしなやかで、内壁がなめらかでプラークがなく、血液が正常に循環する力をもっている状態にするには、オリーブオイルがいいのです。

EPAを摂取するのが血管にはよいので、一見、亜麻仁油やエゴマ油を摂取すれば良さそうに感じますが、残念ながらこの2つの油は熱に弱いのです。

熱に強く、悪玉コレステロールを撃退してくれるのがオリーブオイルです。

オリーブオイルの成分

まず、エクストラバージンオリーブオイルに含まれるポリフェノールには、血管壁で炎症を起こす酸化ストレスを防ぐの働きが期待されています。

悪玉コレステロールを撃退するのが、オレイン酸。

オレイン酸は、ゴマ油などにも含まれますが、オリーブオイルは成分の75%がオレイン酸と含有量が高いのです。

オレイン酸を多く含むエクストラバージンオリーブオイルは、善玉コレステロール(HDLコレステロール)を維持しながら、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を減らす効果があります。

脂肪酸のバランス

血管若返りの指標として注目しておきたいのが、EPA(エイコサペンタエン酸)とAA(アラキドン酸)という2つの脂肪酸です。

脂肪酸のうち不飽和脂肪酸は一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分かれます。

多価不飽和脂肪酸はさらにEPAやDHA(ドコサヘキサエン酸)などのオメガ3(n-3)系と、リノール酸などのオメガ6(n-6)系に分かれます。

そして、このリノール酸が体内でAA(アラキドン酸)に変わります。

細胞膜上でアラキドン酸が多くなり、EPAが少なくなると、血管の炎症が促進され、動脈硬化が起こりやすくなってしまいます。

細胞において、アラキドン酸が少なく、EPAが多い状態を維持することが、血管年齢を若く保つために大事なのです。

オリーブオイルの使い方

EPAは青魚に含まれます。じゃあ青魚をたくさん食べてEPAをとればいいのでは?と思いますが、青魚ばかりこれ以上食べるのも大変ですね。

亜麻仁油やエゴマ油などほかの油で摂ってもいいのですが、実は体内でその5%程度しかEPAにならないそうです。

スポンサーリンク

では逆に、炎症を起こすアラキドン酸のもととなるリノール酸の摂取量を減らせばいいのです。

そうすると、相対的にEPAが細胞膜上に多くなります。

その方法として、リノール酸を多く含むサラダ油から、リノール酸の含有量が少なくオレイン酸をメインに含むオリーブオイルで料理をする方法が良いそうです。

どんなにDHAやEPAを摂るために青魚を食べても、お料理にサラダ油を使ってリノール酸をたくさん撮っていると、アラキドン酸が増えて血管の老化が進んでしまいます。

ドレッシングや炒め物、揚げ物などに使う油を、すべてサラダ油からオリーブオイルに替えるといいのですね。

オリーブオイルのレシピや食べ合わせ

番組で紹介された改善レシピをご紹介します。

オリーブの浅漬け

①オリーブの実に適量の塩

②水に入れて4日間つける

オリーブご飯

ご飯を炊くときに、オリーブの浅漬けを入れ、オリーブオイルを入れ、お酒大さじ1杯を加えて炊きます。

仕上げにもオリーブオイルを回しかけます。

スーパーやコンビニに売っているオリーブの塩漬けで作れます。

豆乳オリーブオイルドレッシング

オリーブオイル40ml 豆乳100ml すし酢大さじ1(15ml)を10秒ぐらいミキサーで混ぜ合わせて作ります。

豆乳の大豆サポニンで悪玉コレステロールを撃退できる、最高の組み合わせです。

繊維に直角に切った玉ねぎにかけて食べれば血管力を上げるのに最適!

納豆オリーブオイル

オリーブオイルを納豆にかけて食べるだけ。

 

番組では紹介されなかったレシピは書籍で

血管によいEPAやDHAをしっかり取るために魚は食べたいのですが、焼いたり煮たりすると、2割ほど流れ出てしまいます。

それに酸化もしやすくなってしまいます。

本当は生が一番ですが、苦手な人もいますので、お薦めは「ホイル焼き」です。

少しレモンを入れ、エキストラバージン・オリーブオイルをかけてホイル焼きにすれば、オリーブオイルのポリフェノールが酸化を防ぎ、さらに風味も出してくれます。

といったレシピや食べ物の食べ方は、書籍でも紹介されてますので、見てみるといいですね。

図解「血管を鍛える」と超健康になる!―血液の流れがよくなり細胞まで元気 (単行本)

図解「血管を鍛える」と超健康になる!―血液の流れがよくなり細胞まで元気 (単行本)

池谷 敏郎
691円(11/17 11:28時点)
発売日: 2018/04/20
Amazonの情報を掲載しています
図解 血管を強くするジュース&レシピ (  )

図解 血管を強くするジュース&レシピ (  )

池谷敏郎
756円(11/17 11:28時点)
発売日: 2014/10/28
Amazonの情報を掲載しています

まとめ

血管若返りに、オリーブオイルの摂取と使い方が大事だとわかりました。

学校の給食でも、炒め油にオリーブオイルを使っていましたね。

家でもすぐできる方法だと思いますので、やってみたいですね!

スポンサーリンク