酢キャベツがまずくて続かない人へ。まだあきらめないで!おいしい食べ方とアレンジレシピをご紹介します。
デブ菌を減らして痩せると『世界一受けたい授業』で紹介され酢キャベツダイエットですがチャレンジしたものの、すっぱすぎてまずいとダイエットに失敗する人もいます。
あきらめる前にひと工夫してみましょう。

酢キャベツがまずい!すっぱすぎ!

書籍も出ていて、チャレンジャーが多い酢キャベツダイエット。テレビでも取り上げられましたね。

酢キャベツダイエットで失敗して続かない人の多くの悩みが、すっぱい味。

お酢が苦手な人は特に、まずいと感じてしまいますよね。

さらに言うと、普段お酢が大丈夫な人であっても、酢キャベツダイエットの酢キャベツはまずいと感じる方が多いんです。

その理由は酢キャベツの基本レシピにあります。

酢キャベツの作り方・基本

テレビで紹介されていた酢キャベツのレシピは・・・

 

【材料】

・キャベツ(1/2)
・塩(小さじ2)
・お酢(200ml)

【作り方】

1.キャベツ(1/2)を千切りにする。

2.キャベツをビニール袋に入れ、塩(小さじ2)を加えて軽く揉む。

3.お酢(200ml)を加え軽く揉み、冷蔵庫で半日漬け込む。(ジップロック推奨)

 

となっています。

これを1食ごとに100g食べるのが理想となっています。小皿にいっぱいですね。なかなかの量です。

味の基本がお酢と塩なんですね。そして、割と多めの量を食べる必要があります。
小皿いっぱいですから、付け合わせレベルではなく、おかず一品レベルです。

できれば食事の前に(一番最初に)食べるのが理想とのことですが、お酢が苦手な人にはハードルが高いのかもしれませんね。

酢キャベツダイエット失敗の理由は味と量

まず第一に、塩と酢だけの味付けは、結構酸っぱさが際立ちます。

テレビ番組の中では、すっぱさがマイルドなリンゴ酢を使うといいと紹介されていましたが、それでも酢の刺激を感じる人もいることでしょう。

通常酢漬けのレシピは、砂糖を使って甘目に仕上げられています。
すし酢がわかりやすいですね。

酢飯は甘くておいしい。あの味ならたいていの人は食べられるんです。

じゃあ、砂糖をいれたレシピを作ればいいのかな?と単純に考えることもできません。

なぜなら、酢キャベツダイエットで体重が減る理由は、

酢キャベツを食べることで「糖質制限」ができるからです。

糖質を減らすと、血糖値の急上昇を防ぐことで、生活習慣病予防にもなります。

ところが、おいしさを出そうと

砂糖やはちみつといった甘さを加える調味料を使うと、糖質を増やすことにつながります。

お酢を減らすのも考え物。

なぜなら、お酢に豊富に含まれるクエン酸やアミノ酸が、代謝を高め、ダイエット効果を促進してくれるからです。

味付けのためにレシピを変えると、ダイエット効果が落ちてしまうことは否めません。

第二に、量の問題。

すっぱいしマズイからと言って、ちょこっと食べるぐらいでは、酢キャベツダイエットの効果は期待できません。

酢キャベツを食べることで、ご飯(お米)やパンや麺類の量を減らすのもダイエットの目的の一つになっているからです。

食物繊維豊富なキャベツをよく噛んで食べることでも、満腹中枢が刺激されて、主食を減らしてもおなか一杯になり、自然とダイエットになるのがポイント。

ダイエット効果を目指したいなら、まずくても決まった量を食べたほうがいいといえます。

スポンサーリンク

酢キャベツダイエットで体重を減らし、ウエストを細くしたいなら、何とか、味をおいしく続けられるものにし、量もしっかり食べられる方法を考えたいですね。

酢キャベツダイエット用おいしい食べ方&アレンジレシピ

では、おいしく続けられるレシピをご紹介しますね。

・世界一受けたい授業で紹介されたレシピ
・その他の簡単アレンジレシピ

をあげていきます。

酢キャベツハンバーグ

酢キャベツをハンバーグに練りこんで、食べてしまう方法です。

ハンバーグの通常レシピで使う玉ねぎを、酢キャベツに変更します。

酢キャベツをみじん切りにしてひき肉に練りこんで焼けばOK。

お酢特有のむせ返る酸っぱさが消えて、普通のハンバーグとして食べられるとのことでした。

肉料理なのにキャベツでかさが増して、ボリューミーなのに低カロリー。
メインのハンバーグだけでも満足できてしまいますね!

酢キャベツのお味噌汁

こちらもテレビ番組で紹介されていたレシピ。酢キャベツをお味噌汁の中に入れます。

お味噌汁自体の味で、お酢の酸っぱさが無くなって食べやすいです。

酢キャベツは加熱して食べても問題ないとのことです。

加熱すると、酢の酸味はマイルドになるんですよね。いい方法ですよね。

いったんみそ汁と一緒に加熱するほうがおいしいですよ。

キャベツは通常でもお味噌汁の具として食べられています。一緒に入れて相性がいいのはワカメや油揚げです。

糖質オフや食物繊維摂取を考えると、ワカメ&酢キャベツの味噌汁は最高ですね!

酢キャベツお好み焼き

私が好きな食べ方です。

お好み焼きにはもともとキャベツがたくさん入ってますよね。

それを酢キャベツに変えてしまいます。

つなぎに小麦粉と卵を使いますので、小麦粉をつかう分、糖質がありますが、キャベツの量を多めにして作ってみましょう。

生地にちょっと酸っぱさが残るのですが、お好み焼きソースと酸味の相性がいいので、おいしく食べられるんですよ!

もし、生地の小麦粉の糖質が気になる場合は、小麦粉をおからパウダーに変えて作る方法もあります!

豆腐お好み焼きといった味わいになりますので、気になる人はチャレンジしてみてください。

酢キャベツミネストローネ

酢キャベツが大量に余ってしまった!早く食べなきゃ!というときにもおすすめの一品。

トマト缶、玉ねぎ、にんじん、ベーコン、をみじん切りにして、コンソメスープの素で味付けしてミネストローネに!

酢キャベツも一緒にみじん切りにして、具たっぷりヘルシースープの完成です。

市販の缶詰やレトルトのミネストローネに酢キャベツを加える方法だともっと楽ちんですね!

もともとのトマトの酸味と酢キャベツの酸味がマッチしますし、加熱ですこしマイルドになるので、難なく食べられます。

スープは満腹感もあるので、ダイエットにはお勧めですよ!

酢キャベツポテトサラダ

ポテトサラダは、ジャガイモの糖質が気になりますので、いつもの食事にポテトサラダを追加するのはNGですが・・・。

酢キャベツを入れることで、ジャガイモの量を減らして作ることが出来るんです。

わざわざジャガイモ料理をダイエットに選ぶという発想ではなく、ポテサラが好きな人がカロリーオフで食べられるという発想で取り入れるなら、ばっちりですよね!

酢キャベツハンバーグの付け合わせにして、ご飯なしにするという戦略もありです!

マヨネーズが酢キャベツの酸っぱさをマイルドにしてくれて、味の相性も抜群ですよ。

酢キャベツ冷しゃぶ

酢キャベツの酢をしっかりきって、お皿に敷きます。その上に豚肉のしゃぶしゃぶを乗っけます。

出汁醤油や麺つゆをかけて、豚しゃぶで酢キャベツを包んでパクっといただきましょう。

めんつゆなど、かける調味料を酸味が少ないものにし、酢キャベツとお口の中でコラボさせるのがポイントです。

これもお箸がすすみますよ!

おわりに・まとめ

酢キャベツダイエットがすっぱくてまずくて失敗しそうな方に向けて、おいしいレシピをご紹介しました。

ダイエット効果を落とさないポイントを守って、上手に食事に取り入れて、体重もウエストサイズも減らしていきたいですね。

番組内では、元女子サッカー日本代表の丸山桂里奈さんが、体重マイナス2.5Kg、ウエストがマイナス7.9cmという結果を出されてました。

おいしく食べつつ、同じようにダイエット成功させて、スマートになりたいですね!

スポンサーリンク